XMで始めるハイレバ海外FX

XMTradingでは少額でFX取引を始めることができます。リアル口座を開設すれば口座開設ボーナスを3000円を入金なしで貰って取引を開始することもできます。XMでのローリスクハイリターン取引を開始する方法を開始していきます。

ハイレバFXとは?

ハイレバFXとはハイレバレッジFX取引のことです。

FX取引は証拠金を積む必要があります。

レバレッジは証拠金に対して取引できる金額の倍率のことです。

例えば証拠金10,000円のときレバレッジが1であればと引き出来る金額は10,000円です。

レバレッジが10であれば100,000円の取引金額。

国内FXのレバレッジの最高倍率は25倍に制限さてれいます。

海外FXのレバレッジの倍率に制限はありません。

XMは最高倍率888倍、BigBossは999倍、GemForexnは1,000倍です。


ある金額の取引をするのにレバレッジが高いほど必要証拠金は少なくて済みます。

海外FXとは?

FXは外国為替証拠金取引のことでForeign Exchangeの略称です。

国内FXは日本の金融庁の許認可を得てその管轄下にあり、レバレッジの最高倍率25倍です。

さらに、10倍にすることが検討されています。

XMのレバレッジの最高倍率は888倍

海外FXと国内FXのレバレッジ比較 1ドル=100円の場合

上の表はXMのレバレッジの最高倍率888倍と国内FXのレバレッジ最高倍率25倍で証拠金を10,000円のときに取引できる金額です。

XMは888万円とりひきできますが、国内FXは25万円です。

相場が1円変動すると、XMは88,800円の利益ですが、国内FXは2,500円です。

投資効率は888:25=35:1

海外FXのXMは国内FXの35倍の投資効率です。

ロスカットラインが国内FXは100%海外FXは20%

エントリーしてポジションを持つと証拠金維持率が表示されます。

口座残高に対しての必要証拠金+含み損益の割合のことを証拠金維持率といいます。

証拠金維持率が一定の割合を下回ると強制決済されて、損益が確定します。

この強制決済のことをロスカットといいます。

ロスカットラインが国内FXは100%海外FXは20%です。

ハイレバレッジのXMは必要証拠金は国内FXの35分の1と低いうえにロスカットラインもさらに低く、この点でもハイレバの海外FX XMは国内FXよりもかなりメリットがあります。

このように小資金で大きく稼ぐならハイレバFXである海外FXの大手XMが有利です。

海外FXがハイレバの理由

国内FXも以前はレバレッジの制限はありませんでした。

100倍や200倍でのレバレッジでFX取引サービスを提供していました。

しかし、2011年に8月にレバレッジは最高25倍に規制されました。

リーマンショックの影響

2008年11月にアメリカのサブプライムローン問題が起こり、米国大手証券会社リーマンブラザーズが破綻したことに端を発するいわゆるリーマンショックにより1ドル=110円が一気に86円まで円高になりました。

当時、投資家は大きな損害を受けましたが、国内FX業者も同様に大損害を受けました。

レバレッジが大きいとFX業者の損益に対して大きな影響があるために、レバレッジは25倍に制限されたのです。

一方海外FXは依然としてハイレバレッジのままサービスを続ける努力をしています。

このことからも国内FXは企業(国内FX業者)保護に向かい、海外FXはトレーダーのサービス向上の姿勢を強めていることがわかります。

XMの会員になれるのは個人だけで、法人との取引は認めていません。

国内FXは今後レバレッジを25倍から10倍にしようとしています。

このレバレッジでは小資本の一般トレーダーが稼げるチャンスは増々狭められることになります。

XMはトレーダーのサービス向上のためセイシェル諸島のライセンス取得

XMは2009年にキプロスのライセンスを取得してFX取引のサービスを開始しました。

しかし、キプロスのライセンスはレバレッジ等のサービスに対して規制がかけられたためにアジア向けにXMTradingを立ち上げてセイシェル諸島のライセンスを取得しました。

XMTradingは日本語に完全対応し、会員サポートも日本人スタッフを採用して問い合わせにはチャット、メールですべて日本語で対応しています。

日本人トレーダーはXMが海外FXでも何の不自由も感じることがなく、ハイレバレッジ、ゼロカットシステム、ボーナスなどの受けることができるのです。

海外FXの大手XMがハイレバレッジの理由は小資金で取引するトレーダーに対する最高のサービスを提供するためです。

スプレッドが多少広くてもハイレバレッジのメリットの方が遥かに大きいです。

XMが金融庁に登録しない理由

XMやGemForexnなどの海外FXは金融庁から「日本の金融庁に登録していない業者」ということで公表されていますが、勘違いしてはいけないのは、被害を受けた業者というとではありません。

単に金融庁の登録業者ではないということで公表されているに過ぎません。

金融庁に登録すると従来トレーダーに提供しているサービスが提供できなくなるからです。

XMが金融庁に登録しない理由は

①ハイレバレッジのサービスが提供できなくなる。

XMの最高レバレッジ888倍は金融庁に登録すると25倍に制限されてしまいます。

投資効率が現在の35分の1になってしまいます。

XMではもっと低いレバレッジで取引することもできます。レバレッジは自由に選ぶことができるのです。

しかし、1万円の証拠金で888万円の取引をできる(1ドル=100円の場合)せっかくの888倍のハイレバレッジを使わない理由はありませんね。

②ゼロカットが使えなくなる。

FX取引で急激な相場の変動により含み損が発生して口座残高を下回る損失が出た場合に国内FXは追証という形でそのマイナス分(借金)をトレーダーに請求します。

スイスフランショックのときは平均で100万円以上の追証が発生しました。

しかし、海外FXのXMはマイナス分を追証としてトレーダーに請求するのではなく、XM自身が負担してマイナスの口座残高をゼロにします。

このことをゼロカットといいます。

XMが金融庁に登録するとこのゼロカットが使えなくなります。

ゼロカットは海外FXの大きな特長です。

トレーダーにとってのメリットは一気に縮小します。

③ボーナスがなくなる。

XMでは下記のボーナスがあります。

  1. リアル口座を開設ボーナス
  2. 入金100%ボーナス(500ドル相当)、その他入金20%ボーナス(4500ドル相当)
  3. XMポイント(取引高に応じて付与されるボーナス 1ロット取引(10分以上))

口座開設ボーナスも入金ボーナスもうれしいのですが、XMポイントは取引すると知らない間に数千円から数万円になっており本当にありがたいシステムです。

これらのサービスも受けられなくなります。

このように、トレーダーよりのサービスは受けられなくなるので金融庁の登録は受けずに、圧力や規制に柔軟に対応しながら、トレーダーのサービス維持と向上にXMは努めています。

この記事のまとめ

2009年にXMグループはサービス開始してから、日本の金融庁の規制強化に対応しながらトレーダーに高いサービスを提供する努力を継続しています。

FX取引で資金を増やしているトレーダーは10%だと言われていますが、ハイレバサービスを提供する海外FX大手のXMは多くのメリットをトレーダーに提供してくれます。

FX初心者、すでに国内FX取引を開始している方、小資本からFX取引を行いたいトレーダーは特にXMでFX取引のメリットを感じることができるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする